低負荷で高い効果のある加圧トレーニングとは

筋肉のが付く仕組みと働き

筋肉は多くの男性の憧れであり逞しい筋肉は魅力的です。また、女性は姿勢もプロポーションも良くなります。そんな筋肉はどうしたら付くのか。答えは筋繊維を一度壊す必要があります。筋肉は筋トレにより負荷を受けると細い筋繊維が切れます。そして筋肉痛が起こるのですが、治る際に同じ負荷で切れないように前回よりも太い筋繊維となります。この現象を超回復と言います。超回復の繰り返しにより傷んだ筋繊維がどんどん太くなっていき筋肉が付いてくる仕組みです。

今も昔も高負荷低回数

筋肉には速筋と言うものと遅筋という二つに分かれています。瞬間的に力を発揮するものと遅筋と呼び、瞬間的なものには強くないですが長い時間稼働する筋肉を遅筋と言います。基本的には筋トレは速筋を鍛える事を指します。上記の通り筋肉に負荷をかけなければいけないため強い負荷が望ましい為自分の限界に近い重さの物を持ち上げたりする事が主流となっています。また、長い時間筋トレを行うと有酸素運動にもなってしまい筋肉も一緒に燃焼してしまう為短時間が望ましいとも言われています。

高負荷トレーニングから加圧トレーニングへ

高負荷低回数が主流のこの時代ですが最近は加圧トレーニングと呼ばれる物が出てきています。四肢に圧力をかけトレーニングする事により乳酸の分泌、滞留を促し低負荷のトレーニングでも高い効果を発揮します。また乳酸の分泌と共に男性ホルモンの一種のテストステロンと呼ばれる物が分泌されます。このテストステロンは筋肉の発達、再生を促進させる効果がある為ステロイド剤等にも使われるほどです。キツイツライ従来のトレーニングとは一線を期したトレーニングとなっています。

ダイエットのための加圧トレーニングなら横浜のジムがおすすめです。自分のペースで進める事が出来るので無理なくダイエットをする事が出来ます。