目立たない歯の矯正治療法「インビザライン」で気を付けたいこと3つ

高温のものを飲むとき

マウスピースはプラスチックでできています。このプラスチックは熱で変形してしまうことがあります。ぬるま湯などは問題ありませんが、訪問先で温かいお茶など高温のものを出されたときや自分で温かい缶飲料を買って飲むときには注意が必要です。必ず少し冷ましてから口にするようにしてください。冬の寒い時期にはホットココアやコーヒーなど温かいものが欲しくなりますが、「矯正中である」ということを頭に入れて飲むようにしましょう。

基本食事や歯磨き以外は付けっぱなし

歯医者で「食事や歯磨きの後は必ず装着するようにしてください。」と言われます。装着することで治療が進んでいくので、装着しないことには治療もなかなか進みません。取り外したまま放っておくと、治療期間は長くなりばかりです。ときには器具を取り付けるのは面倒だと思うこともあるかもしれませんが、誰でもなるべく早く早く治療を終えたいと思うでしょう。計画的に治療を進めるためにも、歯医者で言われたことを守るようにしてくださいね。

歯のお手入れを怠らない

マウスピースは取り外しができるので、必ず取り外して歯磨きやフロスをするように心がけましょう。取り外さないまま歯磨きをしたり、歯磨きをせずに装着したままの状態で夜眠ってしまわないように気を付けてください。お手入れを怠ると虫歯ができたり、歯周病を引き起こすことがあります。これらは治療にも支障をきたします。食べた後はマウスピースを取り外してお手入れをするように、毎食後は必ず歯磨きをする習慣をつけておきたいものです。

オールセラミックは周辺の歯肉に影響を与えることなく、天然の歯のような美しい仕上がりを目指すことが出来ます。