目立たない虫歯治療とは!気になるコストも知りたい

どうせなら美しく!方法と相場を知ろう

近年では歯科技術も進歩しており、より治療跡が目立たない審美的に考慮された治療法を選択することが出来るようになっています。気になる料金はどのようなものなのでしょうか?もし歯に痛みがでたり違和感を覚えるようになったら、なるべく早く歯科を受診するのが肝心です。どうせ直すならなるべくキレイに、また直した後も自然に食べたり喋れたりできると嬉しいですよね。どんなアプローチがあるのか、また材質による違いなどを見ていきましょう。

虫歯の深さで2つの方法、材質はセラミック人気!

歯にのこった食べかすの固まり「プラーク」、ここに住み着いた虫歯菌が徐々に歯を侵していき、ついには痛みが生じたり咀嚼しにくいなど違和感が出てきます。菌による侵食が浅いか深いかによって「詰め物」「かぶせ物」いずれかによる治療がなされます。前者の軽度虫歯に用いられる詰め物は「インレー」とよばれ、後者は深い虫歯の患部除去後「土台」を設置してそこにかぶせるやり方で「クラウン」といいます。いずれの方法にもセラミックがしばしば使用され、まるで自前の歯のような透明感ある白い歯が実現できます。インレーで全セラミックの場合一本5万円程度、「ハイブリッド」(プラスチック+セラミック粒子)ならば3万円ほどと言われます。コスト重視なら保険適用のものを選ぶことになりますが、よく使われるのはCR材(プラスチック)といわれる素材です。術後の見た目は違和感なく仕上がるものの、強度の面でやはりセラミックには及びません。

メリット理解して自分に合ったものを選ぼう

土台からつくる治療法「クラウン」の場合、どうしても先のインレーより値段が張ることになります。中でも土台+かぶせ物を全セラミック製にてクラウン治療を行うのがもっともハイグレードで、一本につきおよそ10万円ほどの費用がかかると言われます。土台のみ金属製にするプラン、また純セラミックでなく一部ハイブリッド材を使用するプランなどがあり、金属アレルギーの有無や予算などの都合に応じて選択することが出来ます。ただ高額な治療でもムダに高いわけではなく、その分強度が高いとか黒ずみしにくく長持ちするといったメリットを合わせ持っています。十分理解したうえで自分にマッチした治療方法を選びたいですね。

歯のセラミックの料金ですが、笑った口に銀歯かセラミック。セラミックのほうが断然良いですよね。自分の歯の色と変わらないですから。セラミックの歯を入れて、おもいっきり笑える。そう考えると安くないですか。